ニッケル系ステンレス薄板の建材向け荷動きは低位横ばいで推移している。製造業向けも好調な半導体関連を除いて全般に振るわない。 このため1~2月の販売数量は前年比1割ダウンで、3月に入りさらに落ち込んでいる印象だ。 価格的には昨秋の唱え上げから2万円高がほぼ浸透した。 メーカーは店売り販価を累計6万5千円上げているだけに、引き続き仕入れ値高の転...