中国地区の条鋼建材市況は東京製鉄などが3月販価を据え置いたものの、強含みを持続。これまでの累積分の転嫁に扱い筋は注力。鋼板類は薄板三品をはじめ店売り市場の供給タイト化が進行。特約店の手持ち在庫は低く、需要家指定品の手配が難航する場面もある。 ニッケル系ステンレス薄板はメーカー販価を追う形で、扱い筋は上値を追う展開。仲間売りは荷足が低調だが、...