北関東地区の一般鋼材市場は、製鋼原料騰勢を受けて上値を試す展開が続く。 条鋼建材製品はH形鋼と一般形鋼が2千円上伸した。鉄スクラップの反発で先高観が意識され、高値玉の入庫が本格化したこともあり流通が売り腰を強化。新値が浸透した。ただ中小鉄骨ファブの稼働率は上向いておらず、荷動き、引き合いは精彩を欠く。鋼板類は続伸基調を維持。二・三次店でも薄...