相場は強含みで推移しよう。地場電炉メーカー各社の購入価格はばらつきがあるが、ジリ高の展開が続いている。先高観から荷動きは鈍い。昨年夏場から足元にかけて値動きが激しく、目先はジリ高基調。海外要因・国内要因が入り乱れ、先行きは不透明で鉄スクラップ相場も判断が非常に難しい。またHSとH2の値差が広がっているのも気がかり。従来の商習慣では読み切れな...