新潟地区の薄板市況は昨年からのメーカー値上げを受けて強含み。足元は自動車の復調やメーカーの生産調整などもあり、ナイモノ高の様相だ。コイルセンター筋は1月中旬以降、段階的にベース価格の引き上げを唱えはじめた。 需要家には状況説明を行いご理解いただきながら丁寧に進めて行きたい。 暖房、建築金物、建・産機は回復基調。需要家の在庫も減少しており積み...