異形棒鋼は、鉄スクラップ市況の軟化でゼネコンは様子見。メーカーの価格重視の姿勢は変わらないが、新規引き合いが低調で、流通は動きが取れず、相場はこう着状態。 H形鋼やアングル・チャンネルなどの形鋼類は、流通の仕入れ値高転嫁の方向性は変わらないが、原料安や荷動きの鈍化で、値上げへの足並みが乱れだしている。相場は高値と安値の格差が広がっている。 ...