富山地区の鉄スクラップは、先月下旬の急落から足元では地場メーカーの購入建値(H2)が据え置かれており、下げ止まりとみられる。目先の手がかり材料として注目されていた先週の関東での輸出入札結果は前月比で値下がりしたが、国内電炉の買値を上回った。扱い筋では「若干の上げ下げはあれ、しばらくは小康状態」とみて様子見の構え。 H形鋼など一般鋼材は鉄スク...