神鋼鋼線工業の20年4~12月期連結決算は、売上高195億1千万円で前年同期比11・7%減、経常赤字2億1600万円(同4億600万円の黒字)、純損失1億7300万円(同2億6600万円の黒字)。 特殊鋼線関連事業で、公共事業関連の新設橋梁が減少しPC鋼材の使用量の少ない補修・補強案件が増加していることなどを受け販売数量が減少。また民間案件...