東京地区の溶接鋼管類は、メーカー値上げ転嫁の動きが続く。荷動きは盛り上がりに欠けるものの、来月以降の大幅な追加値上げも見えており、今月中に昨年までの値上げ分について浸透させたい方針だ。メーカーは価格面での強硬な姿勢に加えて、母材コイルの調達難などから一部品種では供給面にも影響が出ている。市中在庫がかなりタイトになっている品種もあり、扱い筋に...