普通線材製品が1月からの続伸ムードを維持。亜鉛めっき鋼板類は高唱えが広がり始めるものの、様子見横ばい基調となろう。 普線製品は強含み維持。伸線メーカーは5千円程度で段階的に値上げを進めており、流通でも再販価格の引き上げを急ぐ。ナマシが先行高となる中、鉄線は今月帳破明けに一段高が濃厚。亜鉛めっき鋼板類は単圧メーカーの値上げがおおむね出そろい、...