シャッターやドアなどの建材業界でも昨年は新型コロナウイルスの感染拡大が業績面に大きく影響した。「ポスト東京五輪」「ウィズコロナ・アフターコロナ」を見据えた経営のあり方が課題となっている。シャッター・ドア業界では近年、相次ぐ自然災害で〝防犯〟、〝防火〟といった従来の役割だけでなく、〝耐風圧〟や〝防水〟といった新しいニーズが出現。行政面でも点検法...