日本製鉄は18日、自動車用の超ハイテン需要の拡大に対応し、東日本製鉄所君津地区(千葉県君津市)に建設していた第6溶融亜鉛めっき鋼板ライン(CGL)が商業運転に入ったと発表した。世界最高水準の強度となる最大1・5ギガパスカル級の超ハイテン生産が可能になる。今後、国内外の自動車メーカーから製品のアプルーバル(品質認証)を取得し、早期に量産を目指...