異形棒鋼は高値寄りの展開。ともにベースサイズ(SD295、16~25ミリ)で直送=7万6千~8千円、在庫=8万5千~7千円を高値圏に据えている。 鉄スクラップ高騰を背景に、電炉メーカーは売り腰を崩していない。市場価格は年明け後も続伸し、前月末比で安値が計5千円上伸した。 一方で足元の荷動き、引き合いは閑散としている。東京製鉄の2月販売価格が...