異形棒鋼は、原料高で相場は続伸。直送ベース=7万5千~6千円を強含みに推移。 年明け後も原料高からメーカーの販売姿勢は強く、相場は続伸している。一部では既に7万7千~8千円が通っている。流通からは「足元の採算が悪いメーカーは、全く価格交渉に応じてくれない。仕入れ価格に見合うように販売価格を上げていくしかない」との声が聞かれる。 小口短納期の...