普通線材製品類は様子見横ばい、亜鉛めっき鋼板類も横ばい。 普通線材製品類の市況は足踏み状態が続く。海外のロッド価格は緩やかに上昇しており、国内母材メーカーも値上げを視野に入れ始めている。しかし、釘やナマシ鉄線などを取り扱う二・三次流通加工筋への値上げムードの波及にはまだ時間がかかりそうだ。 亜鉛めっき鋼板類市況も同様。扱い筋は「供給側と需要...