新潟地区の厚板市況は弱含み。ジリ安基調となっている。 母材価格の仕入れ自体は変化なく横ばいだが、鉄スクラップ市況が低位で推移していることや、新型コロナの影響で一部建設現場が一時的にストップしたことで地合いは弱い。需要家との交渉場面で物件規模により多少の値動きはあるが、大きな下落は見られない。 シャー業者が受注する日々の短納期・小ロットの溶断...