関東地区の二三次製品は、亜鉛めっき鋼板類が現行値横ばい、普通線材製品類は弱含み基調となりそう。 亜鉛めっき鋼板類は工場や倉庫、店舗など中小物件を中心に底堅く推移。補修関連でも屋根の回収や官公庁施設の内装設備の営繕関連が動いているもようだ。屋根・壁など外装用薄板建材はコロナによる工事中止の影響は限定的だったが、関係者らは先々の建設投資の冷え込...