関西地区店売り厚板溶断品市況は値下がり基調が続き、トン当たり9万5千円前後にまで下落している。昨年から続く軟調な相場を引きずったまま、さらに新型コロナウイルスの影響が拡大。もともと弱かった相場をコロナ禍が一段と押し下げているような状態にある。また、先行き不安も高まっており「ロットがまとまるとさらに安値もある」(溶断業者)との声が聞かれる。 ...