東京地区のH形鋼は下げ余地が限られてきた。年度末を挟んでいったんは下落したが、足元は何とか踏ん張っている。 大手ゼネコンによる工事中断の影響が懸念されたが、今のところは鉄骨ファブも大方は稼働中だ。 4月の店売り出庫も、年度末の前月ほどではないが堅調だ。鉄鋼メーカーの売り込みはあるが、流通各社は仕入れを抑えざるをえない状況でもある。(談)