国際銅研究会(ICSG)がまとめた1月の世界銅地金需給バランスは、5千トンの供給過剰となった。前年同月は7万7千トンの供給不足。供給量が増加した一方、中国の見かけ消費が減少したため余剰バランスとなり、2カ月連続の供給過剰となった。 1月の銅地金需給は、供給量が207万1千トンで前年同月比3・5%増、消費量が206万5千トンで同比0・6%減。...