新潟地区の異形棒鋼市況は弱含み。地場物件向けの荷動きはさえないものの、全体感では計画比で大きな需要減退は見られない。 大型物件向けは物件ごとの交渉だが、流通段階での市況は極端な値下がりは見られない。荷動きが少なくなり、ジリ安傾向が懸念されるが、元々地場物件のボリュームが縮小傾向にあり、適正マージンの確保が必要。特約店筋は引き続き価格の下支え...