鉄スクラップはH2=9千~1万円で弱含み。足元のメーカー実質購入値は同=2万円前後で推移している。 解体案件はまずまず動いているが、工場発生スクラップは低調。電炉メーカーの需要は減少傾向だが、需給はある程度バランスしている。ただ、新型コロナウイルスの影響から先行きへの不安感は強まっている。中国材の安値ビレットも海外市場で出回っているようで、...