全国厚板シヤリング工業組合がまとめた2月の鋼板流通調査によると、出荷量は前月比2・8%増(前年同月比16・1%減)の14万8950トンとなり、5カ月ぶりに前月実績を上回った。 ただ、14万トン台は引き続き低水準で、建材関連や建機・産機などの製造業向け需要の低調を裏づけている。前月(1月)が、月次出荷量としては過去30年間における最低水準(1...