東北地区の地元ファブリケーターは、S、Hの上位グレードを中心におおむね年後半あるいは年内の山積みを確保しているもようだ。一方、加工単価は鋼材価格の先安感のほか、新型コロナウイルスを受けたインバウンド関連投資の減速見通しから、それを見込んでいた他地区ファブとの受注競争による下落懸念もにわかに浮上する。 東北の地場ファブは、東京五輪による首都圏...