アルミニウムスラグのトップメーカー、日本圧延工業(本社・滋賀県東近江市、社長・磯部正信氏)は、本社工場内に縦型ロングストローク1600トンインパクトプレスを新設、同機を3月から本格稼働させた。プレスの新設は、需要が見込めるアルミ消火器用容器を中心とした大型容器の生産や、既存インパクトプレス機の故障などに備えたBCP(事業継続計画)の観点で行...