角形鋼管は、需要が盛り上がらない。2・3×100×100(黒皮)=10万円を中心に弱含みに推移。 荷動きに活気なく、弱含みの市況展開。メーカーは店売りの販売価格を変えていないが、物件では柔軟な価格対応をしている。市中からは「角形鋼管は、市況的に一般形鋼やH形鋼の影響を受けやすく、基調が弱い。東鉄は4月販価を下げたが、他のメーカーが価格をどう...