鉄スクラップはH2=9500~1万500円で様子見商状。足元のメーカー実質購入値は同=2万1千円前後で推移している。 東京製鉄の相次ぐ値下げに伴い相場は軟調だが、足元はもち合い商状となっている。 地場需給は電炉メーカーが減産基調で需要が低迷しているものの、供給量も鈍っており、需給はバランスしている。発生量はピークアウトしており、供給は低調に...