日本鋳造(社長・鷲尾勝氏)は、エンジニアリング事業部門のうち橋梁用鋼製・ゴム支承と道路橋用伸縮装置の2分野で中期的に売上げ規模を現行比倍増近くに拡大させる計画だ。橋梁用支承の国内市場環境は19年度は端境期だったが、20年度以降は高速道路用を含めて耐震強化、高機能・コンパクト化ニーズを背景に需要堅調が見込まれ、同社の20年度受注は大幅増の見通...