年度末環境下にもかかわらず、足元の荷動きは改善していない。わずかながら新型肺炎の影響も出始めている。先行きを見定めようとする需要家の当用買い傾向が加速しており、出荷減の扱い筋が大勢。荷余りで市況も低迷。期末に伴う在庫圧縮や数量増を見込んだ焦り売りで、安値領域が広がる可能性もある。 特殊鋼は年明け以降、需要に持ち直しの動きが見られたが、2月に...