合同製鉄は28日の取締役会で、明賀孝仁社長(65)が取締役相談役に退き、新社長に日本製鉄常務執行役員の内田裕之氏(61)が就任する人事を決めた。6月下旬の株主総会・取締役会で正式就任する。内田氏は4月1日付で合同の参与に就く。 内田 裕之氏(うちだ・ひろゆき)81年(昭56)東大工卒、新日本製鉄(現日本製鉄)入社。88年スタンフォード大工学...