マンションなど集合住宅の地下にある電気設備への浸水を防止するため、既存の建材製品から防水性能を持つスチールやステンレス製の水密扉ドアへの取り換え需要や、アルミ製止水板の需要が拡大しそうだ。 国土交通省はこのほど、マンションなど集合住宅の電気設備の浸水対策ガイドライン案を示した。これによると、浸水リスクが少ない上層階への設置が困難な場合は、浸...