銅帯市況は一進一退。銅相場を左右する不安材料が多く、銅価の反落懸念は拭えていない。 一時銅建値が軟化し購買を控えていた需要家からの引き合いが増えているようだ。需要を底上げするほど出荷に勢いはない。 ビルの建て替えなどがあるものの物件は多くない。配電盤需要はさえない。経済動向の先行きが見通しづらいため設備投資に慎重な施主が多い。目先、需要が増...