タイ政府は、日本などから輸入される熱延鋼板へのアンチダンピング(反不当廉売=AD)措置について、日本製鉄材のAD税率を見直す方向だ。17日に調査開始を公示した。 タイのホットADは旧新日鉄が0%に設定されていたが、住友金属工業との統合時に定義が変わり36・85%となっていた。実際のタイ向けホット輸出はADの適用外となる品目が大半だが、見直し...