大成建設は建設用独自の3Dプリンタ「T―3DP」で製作した部材を用いた国内初の橋を製作した。部材にPC鋼材を挿入・緊張して接合したプレストレストコンクリート(PC)構造を適用。さらに「トポロジー最適化手法」を用いて構造体として最適化を図り「T―3DP」を用いて型枠を使わずに複雑な形状の部材を簡単に短時間で自動製作。軽くて、強い構造であること...