鉄スクラップは東京製鉄の値下げに当地区の輸出業者および電炉各社が追随し1千円続落した。1月下旬からの下げ幅は3500円となっている。 先般の東西テンダーの結果が予想より高値となり、市況の底打ち期待が高まった。ただ国内メーカーの使用量は旺盛とはいえず、新型肺炎による影響から国内外で不透明感が増しており、目先も弱気ムードが残りそうだ。 条鋼建材...