中部電炉の鉄スクラップの購入価格が11日、1千円続落。地区実勢はH2=1万9千円~2万1千円。安値は2万円を割り込んだ。内外需要ともに弱く、市況は反発力に乏しい。 米国産トルコ向けのスクラップ価格が軟化。これを映し、韓国筋も国産スクラップの買入値を引き下げている。東京製鉄田原工場は中部電炉に先駆け、8日購入分より買値を全品種1千円下げた。他...