ニッケル系ステンレス冷延薄板の店売り市場できしみが生じている。最大手の日鉄ステンレスはアロイリンク方式に基づく店売り契約販価改定を継続する。販売数量が伸びない市場環境下で、足元では同社の店売り値上げに市況(再販価格)の上昇が追いつかず、流通大手の採算が悪化。流通としては値上げ転嫁の姿勢を堅持しつつ、最低でも現行販価水準を維持しなければならない...