アルミ合金棒は現行値圏での展開。市中相場は11S=805円、17S=835円、56S=765円。 製品価格の指標となるヒモ付き地金価格は来月まで同値で推移する。そのため問屋筋の出し値は当面変わらない。流通コスト上昇分の転嫁で、収益改善を図ろうとする扱い筋も中にはある。しかし、需要が伴っていないため「販価を強気に押し通せば、ユーザー離れが懸念...