SC材(機械構造用炭素鋼)はS45C=12万円どころ中心で弱横ばい基調。市中の荷動きは振るわない。店売り需要全般で活動水準が鈍っており、仲間商いは当用買いに終始している。 建機関連では昨年10月の台風19号による被害で一部部材メーカーの操業が一時停止し、12月以降は建機の挽回生産が見込まれていたが「需要減と重なり、余剰在庫の調整で吸収された...