九州地区の二三次製品は引き続き横ばい調だろう。線材製品および亜鉛めっき鋼板類ともにメーカーは現行の唱え値を堅持。扱い業者の販売姿勢にぶれはない。 亜鉛めっき鋼板類は、再開発絡みの工事案件が始動してきたことでカラー厚番手を中心に引き合いは順調とされる。新設住宅着工も底堅く推移しており、薄番手の荷動きも悪くない。一方、工事現場の職人不足は依然続...