東海コイルセンター工業会(会長・小河通治小河商店社長)がまとめた、昨年11月の鋼板・コイル流通調査によれば、プロパー分と受託分で少し動きが違い、プロパーは入出荷とも前月に引き続き減少したのに対して、受託分は入荷は増加する一方で出荷は前月に続き減少。月末在庫の増加が目立った。加工量は、メーンのスリッターが前月比で増加したものの、レベラー、2次...