北海道地区二三次製品市況は亜鉛めっき鋼板類、普通線材製品類とも現行値圏の展開が続きそうだが、カラー鋼板は春先へ向けてメーカー値上げ分の転嫁に伴い、強含み感が徐々に台頭する可能性が高い。 冬場不需要期で屋外工事は昨年からの越年物件以外では、ほぼストップ状態となっている。これに伴い各資材の荷動きも契約残の動きが見られる程度で、まだ新規の引き合い...