亜鉛めっき鋼板類および普通線材製品類は引き続き横ばい調だろう。挨拶回りが一巡し、実質商いが再開したが、代わり映えがしない展開。 亜鉛めっき鋼板類の荷動きは小口ながらもコンスタント。大きな盛り上がりはないものの、極端に落ち込んでもいない。「この時期としては、いつものペース」(問屋)と受け止めている。荷動きは低調だが、市況は底堅い。原板の値上が...