溝形鋼は5×50×100=9万2千~3千円どころ中心で横ばい調を持続。 帳破後も、取り巻く需給に目立った変化はない。荷動きは小口中心とはいえ、極端に落ち込んでいるわけではない。市場は様子見ムードを払しょくできないでいる。 引き合いが低調とあって、市況は変わり映えがしない。主要メーカーが販価を据え置いていることもあり、扱い筋の唱えは現行値中心...