2020年度の収益改善に向けた「KRP(釜石リバイバルプラン)」を実行している。原材料価格上昇や数量減など厳しい環境下だが、現在の生産水準でも収益の出る体質を構築する計画だ。 具体的には線材事業では自所でのコスト改善に加え、君津製鉄所との連携による「まとめ出鋼」などで鋼片コストを改善する。 エネルギー分野では8月に立ち上げる木質チップ乾燥設...