SC材(機械構造用炭素鋼)の店売りの荷動きは北関東でも振るわない。店売り市場への影響が大きい需要分野が振るわず、自動車部品関係の動きも鈍い。ただ建機関連では部品供給の再開ととともに挽回生産の動きが始まり、「今まで以上に落ち込むことはない」(扱い筋)とみる向きが多い。市中在庫はほぼ適正水準だが、必要最低限の手当てにとどめる向きが大勢。「メーカ...