景気の先行きが不透明な中、製造や物流のコストは上昇しており、再生産可能なメタルスプレッドの水準は確実に上がる。このため契約形態の適正化など営業力の向上を図り、新設中の製品倉庫の活用による物流体制強化も進める。コスト削減や品質向上では設備更新や現場努力の積み上げを継続。海外も交えたグループJK活動などの拠点間交流で横展開も拡充する。 今年は中...