北関東地域の一般鋼材市場は、材料難から総じて様子見商状での展開となっている。 条鋼建材製品はもち合い商状。3月の入庫が旺盛で在庫水準は高まり、需給のタイト感に乏しい状況だ。中小建築物の出件も限られ、原料市況も弱含むことから一次加工絡みの出庫が主体となっている。鋼板類は現行値圏内で横すべり推移する。ただ切板は溶断業者の売り腰が強いため上伸機運...