神戸製鋼所は、ダイバーシティ(多様な人材の確保)や働き方改革の一環として今年度、関連制度を大幅に拡充する。4月には在宅勤務制度を拡充したほか、管理職の処遇制度を抜本的に見直した。これに加え、今年度中に人事評価制度の見直しや福利厚生制度の拡充に着手する。ワークスタイルの変革を通じ、従業員の能力や専門性を最大限に引き出せる職場環境を整える。