姫路地区の鉄スクラップ市況は、弱含みで推移している。東京製鉄の相次ぐ値下げに対応するように当地区メーカーも購入値を引き下げている。先安観からヤードからの出荷も活発で、しばらくは軟調な相場が続きそうだ。 輸出安に伴い国内相場も下押し基調。ただ、スクラップ発生量が「例年に比べやや低調」(ヤード業者)との声も聞かれ、需給バランスが崩れているわけで...